MENU
乗り出せ、宇宙に。
工学分野は人工衛星の打ち上げ運用を一つの目標として、模擬小型人工衛星"CanSat"の制作や、衛星設計コンテストへの出場といった活動を行っています。

CanSat

CanSatは缶サイズの模擬人工衛星(探査機)のことで、宇宙工学の第一歩として多くの学生が制作に取り組んでいます。私たちLYNCSでは宇宙工学の第一歩として、また工学技術の向上のために1年に2回大会に出場しています。

CanSat競技は主にランバック部門とミッション部門に分かれています。ランバック部門はゴール地点への自律走行による帰還を目標とし、ゴール地点までどれくらい近付けたかを競う部門です。ミッション部門は各チームが独自にミッションを設定し、その達成を目指す部門です。
LYNCSでは両方の部門に参加し、2016年度の能代宇宙イベントにおいてはミッション部門で2つの賞(タイプエス賞第2位およびUNISON賞)を受賞し、ランバック部門でゴールまで17.6mという記録を達成しました。

衛星設計コンテスト

実用人工衛星の打ち上げ運用を目指して今年度から開始した活動です。人工衛星のアイデアや概念設計を行うコンテストで、優秀な作品はJAXAの相乗り副衛星として打ち上げられることになります。LYNCSでは初参加となった2016年の第24回衛星設計コンテストで地球電磁気・地球惑星圏学会賞を受賞しました。